通訳時に役立つ電子辞書の使い方

この前、教えているオンラインの英会話レッスン後に英語を専門とする大学に行く高校生に電子辞書は新しく買った方が良いかと聞かれました。大学生になると第二言語が必修科目になったりもするので、その場合にはその言語も入っている辞書に変えた方が便利だよと答えました。ですが、基本的に英語に特化して、第二言語を考えないのであれば買い替える必要はないと思います。ひと昔前の電子辞書だって十分すぎるほどの機能を備えています。今の辞書は私からすれば通訳で必要とするにはオーバースペックだと思うほどです。

意外と役立つのは、私の持っている辞書だと「解説」という部分と「用例」という部分です。ここをタッチするとそれらが見られるので、細かいニュアンスを掴むことができます。用例で使われる文を見れば見るほど使い勝手がわかるようになるので、解説されるより私はわかりやすかったです。実際にどう使うのか、例文を見て脳内に蓄積させることで使い時がわかります。これで通訳にも役立てられるでしょう。